人気ブログランキング |

タグ:昆虫 ( 2241 ) タグの人気記事

キアネハレギチョウ (オス)

晴着蝶の名前に相応しいキアネハレギチョウ(オス)です。特に裏翅の紋様に変化があってファッショナブルなんでしょうか?英名でもレースウィングと呼ばれているそうです。エントピアでは沢山飼われていました。(エントピア 9/21)

d0149245_12123319.jpg




d0149245_12122911.jpg




d0149245_12122585.jpg




d0149245_12122107.jpg




d0149245_12121901.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-14 12:38 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

キアネハレギチョウ (メス)

雄のハレギチョウと比べるとやや滋味な印象ですが、よく眺めていると味のある色合いと翅の紋様はイケてると思います。(エントピア 9/21)

d0149245_11503325.jpg




d0149245_11503148.jpg




d0149245_11502746.jpg




d0149245_11502320.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-14 11:54 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

チャイロタテハ

オレンジ系の茶色が雄でこげ茶が雌です。別名でコウモリタテハという名もあるようです。オーストラリア・ケアンズのバタフライ・ガーデンではクルーザーという表示でした。今回マレーシアのフィールドでは見掛けませんでしたが、東南アジアでは普通にいるようです。(エントピア 9/21)

d0149245_00203665.jpg

↑ オス



d0149245_00203284.jpg
↑ メス



d0149245_00202994.jpg




d0149245_00202550.jpg




d0149245_00202196.jpg




d0149245_00201836.jpg




d0149245_00201172.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-14 08:08 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

トラフタテハ

今日からラジャブルック・バードウィングに続きペナン島「エントピア」の蝶々をUpしていきます。
トラフタテハは強そうでインパクトがある蝶々に見えました。かと言って、そんなにバタバタ動き飛び廻るタイプではないようです。(エントピアにて 9/21)

d0149245_20105172.jpg



d0149245_20104897.jpg



d0149245_20104522.jpg



d0149245_20104105.jpg



d0149245_20103953.jpg



d0149245_20103516.jpg



d0149245_20102984.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-13 20:13 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

やっと出逢えたラジャブルック(アカエリトリバネアゲハ) エントピアにて

ランカウイ島から高速フェリーでペナン島(ジョージタウン)まで2時間半の予定が実際は3時間半近くも掛かりました。アンダマン海からマラッカ海峡近くまで穏やかな海でしたが随分オーバーし、遅いランチになりました。心配していた欠航と船酔いは免れ、なんとかエントピアのある町テロッバハンに辿り着き、チェックインを済ませてから直ぐにエントピアに向かいました。ホテルにレンタル自転車が無く、バスも来なくて、結局徒歩になりました。ペナン島の午後4時は暑いです。何度も音を上げてしまい、時々往来する車やバイクに手を挙げましたが誰も止まってくれません。諦めたところで、一旦過ぎ去った車がバックしてきて、何処まで行くの?と尋ねたので、渡りに船とは此の事かと、エントピアと言ったら、助手席を指さしてくれました。
この日は夕方だったのか(何かの情報では朝と夕方に姿を現すと)隠れていて、エントピアの方に尋ねたら朝のほうがいいと思うという事でした。そして次の日に再度訪れたら、昨日の係りの方が憶えていて、今ここに居るからと、その場所まで案内してくれました。

d0149245_11151387.jpg




d0149245_11150966.jpg




d0149245_11150559.jpg




d0149245_11150091.jpg




d0149245_11145508.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-13 11:17 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ランカウイ島で見たその他の蝶

今までにUpしてきた蝶と一部重複します。1.2枚目はランカウイで初めて目にした蝶です。それが蝶名に辿り着けず今に至りました。ヒョウモンの仲間だとは思いますが不明のままです。 3.はアオヘリヒメイナズマの雌です。 4.シロオビアゲハの雌 5.セセリチョウの仲間だと思いますが名前分かりません。 6.7.はエマレアミナミヒョウモンで別名(フチグロミナミヒョウモン)8.タイワンキマダラ 9.10.はクロタテハモドキ
蝶名が少しずつ分かってきたり、探索ポイントの復習をしたり、失敗写真の反省などしていると、また行きたくなってきます。

d0149245_15241163.jpg


.
d0149245_15240606.jpg

 ↑ 1.2.不明


d0149245_15240201.jpg

 ↑ 3.アオヘリヒメイナズマ(メス)



d0149245_15235874.jpg

 ↑ 4.シロオビアゲハ(メス)


d0149245_15235494.jpg

 ↑ 5.セセリチョウの仲間 蝶名 不明


d0149245_15235299.jpg




d0149245_15234951.jpg

 ↑ 6.7.エマレアミナミヒョウモン


d0149245_15234539.jpg

 ↑ 8.タイワンキマダラ



d0149245_15234104.jpg



d0149245_15233580.jpg


 ↑ 9.10.クロタテハモドキ










by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-12 15:39 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ランカウイのベニモンアゲハとルリオビアゲハ?

ベニモンアゲハは枯草の中を飛び廻るだけで止まろうとしません。横の木にルリモンアゲハらしき蝶がちらっと見えて、どちらを撮ろうかと気持ちが揺れました。結局どちらも満足に撮れず悪いパターンに陥りました。後で見直したらルリモンじゃなくてルリオビアゲハのようです?みっともない写真ですがUpしておきます。もっと粘れば良かったのでしょうが、帽子をタクシーに置いてきて、熱中症を恐れ諦めました。

d0149245_10434623.jpg




d0149245_10434176.jpg




d0149245_10433954.jpg




d0149245_10433444.jpg




d0149245_10432930.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-12 10:45 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

続・ハイイロタテハモドキ

ハイイロタテハモドキが、ゴムの木が混じったランカウイの雑木林の奥のヒンドゥーの墓地まで案内してくれました。蝶々の背景には墓石の御影石?が写っています。このような場所で写真なんか撮っていいのか、後ろめたい気持ちもありましたが、気を付けて撮影するようにしました。

d0149245_19003160.jpg




d0149245_19002735.jpg




d0149245_19002388.jpg




d0149245_19002056.jpg




d0149245_19001673.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 21:28 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ハイイロタテハモドキ

キサップのポイントに入った時から姿を見せてくれました。葉っぱなんかに止まった時、表はベージュがかった灰色(グレージュ)ですが、飛ぶと裏翅が白っぽく見えて、今までに見た事が無い特別な蝶に私の眼には映りました。

d0149245_18165348.jpg



d0149245_18165156.jpg



d0149245_18164873.jpg



d0149245_18164436.jpg



d0149245_18164040.jpg



d0149245_18163622.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 18:18 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ストローを自在に使うヤシセセリ

大きいセセリで直ぐに気が付きました。おそらくヤシセセリだと思います。
ルブック・スミランのポイントからキサップ(Kisap)というポイントに移動しました。目印のヒンドゥー教寺院に向かって左側へ100mくらい行くと雑木林の中に道があります。奥へ進むと荒れた墓地があり、周りに花が咲き蝶が舞っています。(9/20)

d0149245_10082589.jpg



d0149245_10082211.jpg



d0149245_10081900.jpg



d0149245_10081616.jpg



d0149245_10081298.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 11:10 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)