人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 77 )   > この月の画像一覧

ランカウイ島・キサップで出逢った道路工事の人々と

キサップのポイントに着いて道を進むと、あれっ、道路工事です!折角ここまで来てという落胆と、作業を邪魔しないようにという気遣う私。向こうは向こうで、暑い中で働いてる我々を差し置いて、お気楽に蝶を追いかけ写真なんかを撮ってという冷たい眼。お互い相手の気持ちを探るような視線の応酬があったような気がします。そんな時に蝶々が現れると、色んな想いは飛んでしまい夢中で追いかけ逃がしてしまい、又追いかけるという具合です。そのうち、工事作業の人から、向こうに飛んだとか、奥に行けばもっと飛んでるよ、みたいな事を教えてくれます。突然後ろから、「日本から来たのですか?」という日本語が!眼鏡をかけた方が話しかけてきました。この現場の責任者で、20年前くらいに研修で日本に来ていたそうです。その時の研修が今も役立っているとも言っていました。工事は出来るだけ自然を壊さないように進めて下さいと、お願いして別れました。この写真を見ると、小さい人間の想い違いのようでした。(9/20)

d0149245_18424573.jpg



d0149245_18424015.jpg



d0149245_18423559.jpg



d0149245_18423146.jpg



d0149245_18422476.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-12 20:53 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ランカウイ島で見たその他の蝶

今までにUpしてきた蝶と一部重複します。1.2枚目はランカウイで初めて目にした蝶です。それが蝶名に辿り着けず今に至りました。ヒョウモンの仲間だとは思いますが不明のままです。 3.はアオヘリヒメイナズマの雌です。 4.シロオビアゲハの雌 5.セセリチョウの仲間だと思いますが名前分かりません。 6.7.はエマレアミナミヒョウモンで別名(フチグロミナミヒョウモン)8.タイワンキマダラ 9.10.はクロタテハモドキ
蝶名が少しずつ分かってきたり、探索ポイントの復習をしたり、失敗写真の反省などしていると、また行きたくなってきます。

d0149245_15241163.jpg


.
d0149245_15240606.jpg

 ↑ 1.2.不明


d0149245_15240201.jpg

 ↑ 3.アオヘリヒメイナズマ(メス)



d0149245_15235874.jpg

 ↑ 4.シロオビアゲハ(メス)


d0149245_15235494.jpg

 ↑ 5.セセリチョウの仲間 蝶名 不明


d0149245_15235299.jpg




d0149245_15234951.jpg

 ↑ 6.7.エマレアミナミヒョウモン


d0149245_15234539.jpg

 ↑ 8.タイワンキマダラ



d0149245_15234104.jpg



d0149245_15233580.jpg


 ↑ 9.10.クロタテハモドキ










by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-12 15:39 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ランカウイのベニモンアゲハとルリオビアゲハ?

ベニモンアゲハは枯草の中を飛び廻るだけで止まろうとしません。横の木にルリモンアゲハらしき蝶がちらっと見えて、どちらを撮ろうかと気持ちが揺れました。結局どちらも満足に撮れず悪いパターンに陥りました。後で見直したらルリモンじゃなくてルリオビアゲハのようです?みっともない写真ですがUpしておきます。もっと粘れば良かったのでしょうが、帽子をタクシーに置いてきて、熱中症を恐れ諦めました。

d0149245_10434623.jpg




d0149245_10434176.jpg




d0149245_10433954.jpg




d0149245_10433444.jpg




d0149245_10432930.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-12 10:45 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

続・ハイイロタテハモドキ

ハイイロタテハモドキが、ゴムの木が混じったランカウイの雑木林の奥のヒンドゥーの墓地まで案内してくれました。蝶々の背景には墓石の御影石?が写っています。このような場所で写真なんか撮っていいのか、後ろめたい気持ちもありましたが、気を付けて撮影するようにしました。

d0149245_19003160.jpg




d0149245_19002735.jpg




d0149245_19002388.jpg




d0149245_19002056.jpg




d0149245_19001673.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 21:28 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ハイイロタテハモドキ

キサップのポイントに入った時から姿を見せてくれました。葉っぱなんかに止まった時、表はベージュがかった灰色(グレージュ)ですが、飛ぶと裏翅が白っぽく見えて、今までに見た事が無い特別な蝶に私の眼には映りました。

d0149245_18165348.jpg



d0149245_18165156.jpg



d0149245_18164873.jpg



d0149245_18164436.jpg



d0149245_18164040.jpg



d0149245_18163622.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 18:18 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ストローを自在に使うヤシセセリ

大きいセセリで直ぐに気が付きました。おそらくヤシセセリだと思います。
ルブック・スミランのポイントからキサップ(Kisap)というポイントに移動しました。目印のヒンドゥー教寺院に向かって左側へ100mくらい行くと雑木林の中に道があります。奥へ進むと荒れた墓地があり、周りに花が咲き蝶が舞っています。(9/20)

d0149245_10082589.jpg



d0149245_10082211.jpg



d0149245_10081900.jpg



d0149245_10081616.jpg



d0149245_10081298.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 11:10 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ルブック・スミランで見たトンボ

日本でも見た事のあるようなトンボでした。

d0149245_23265154.jpg




d0149245_23264879.jpg




d0149245_23264507.jpg




d0149245_23264033.jpg




d0149245_23263607.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-11 08:24 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ルブック・スミランで見た蝶

ルブック・スミランでは雨や花が咲いてなかった事も有り、今迄このポイントは不発だったと思い込んでいました。それが予想だにしなかった蝶が紛れ込んでいました。絵的には納得はしていませんが、1.2枚目がスンパクスヒメワモンで表翅は綺麗な瑠璃色だったと記憶しています。3.4枚目がカネンスヒメワモンで表翅がオレンジでした。私の中にワモンチョウという蝶が全く入って無かったので蝶名を探すのに時間が掛かりました。マレーシアではワモンチョウの種類も多いようです。5枚目はツマムラサキマダラの雌だと思います。6枚目もマダラチョウの仲間だとは思いますが蝶名が分かりません。7枚目は名前が素敵なホシゾラセセリです。
蝶名が間違っている時は、ご教示お願い致します。今回はイナズマチョウ、ワモンチョウには大いに好奇心をそそられました。

d0149245_22580872.jpg



d0149245_22580291.jpg
↑ スパンクスヒメワモン



d0149245_22575897.jpg



d0149245_22575206.jpg
↑ カネンスヒメワモン



d0149245_22574801.jpg
↑ ツマムラサキマダラ(メス)



d0149245_22574361.jpg
↑ マダラチョウの仲間(不明)



d0149245_22573947.jpg
↑ ホシゾラセセリ








by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-10 23:03 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ルブック・スミランで見たガマと紅い実

ランカウイ島 ルブック・スミラン(Lubuk Semilang)の蝶ポイントは大変期待していましたが、朝からの雨と、端境期なのか花が殆ど咲いてなくて蝶は少なかったです。昼前に雨が上がり少し陽が差してきた時は、白い花をつけた大木にマダラチョウの仲間が飛び交い始めました。ただ遠いのと逆光で難しかったです。(9/20)

d0149245_08251565.jpg



d0149245_08251290.jpg



d0149245_08250898.jpg



d0149245_08250624.jpg



d0149245_08250180.jpg



d0149245_08245853.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-10 08:26 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

オオトカゲを気にしながら撮ったモンキアゲハとタイワンモンキアゲハ(メス)

残念ながら翅がボロボロだったモンキアゲハ、そしてクッキリとはしていない白帯のシロオビモンキアゲハです。
*「台湾の蝶」の杉坂様よりシロオビモンキアゲハではなくタイワンモンキアゲハ(メス)という指摘を頂きました。訂正させて頂きます。

d0149245_18515017.jpg




d0149245_18514704.jpg




d0149245_18514330.jpg




d0149245_18514047.jpg




d0149245_18513544.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2019-10-09 21:46 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)