梅峰で暇つぶし野鳥観察

アケボノアゲハらしき蝶を遠目で見てから、1時間程歩きましたが、アケボノアゲハ以外の蝶も現れず、少々イライラが募ってきた時に、可愛らしい野鳥が飛んで来ました。もちろん名前も知りませんが、こんな時はホッとします。

d0149245_23063238.jpg




d0149245_23062802.jpg




d0149245_23062324.jpg




d0149245_23061872.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2018-11-09 23:09 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

台湾・梅峰でアケボノアゲハと出逢う

梅峰は台中より高速バスで埔里に向かい、そこからバスで合歓山方面に約1時間半くらいの標高1800mくらいにある別荘地(周辺観光地)です。こちらに向かうバスで日本人らしい叔父さんも乗車されていて気になっていましたら、偶然にも同じバス停で下車されて驚きました。声をお掛けしたら、やはり日本の方で蘭だったか植物の撮影と登山が目的のようでした。バス停の後ろが台湾大学の演習林の建物があり、そちらの研究者とお知り合いで、門まで出て来て頂き、撮影地までの道順などを教えて頂き助かりました。
バスで出会ったCさんとは途中までご一緒させて頂き、山の分岐で別れました。台湾でも海抜1800mの朝は肌寒く、服装などで反省しきりでしたが、上空にアケボノアゲハらしき姿を目撃したら、体内にアドレナリンが一気に発生し撮影モードに変わりました。表が黒い個体がオスで後翅に赤い鱗状の紋があるのがメスですが、これから何時間かは近寄ってこなかったのです。

d0149245_17592875.jpg




d0149245_17592478.jpg




d0149245_17591939.jpg



by TGokuraku-TOMBO | 2018-11-09 18:01 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)