人気ブログランキング |

放苦離信仰の石像     栃木県足利市・月谷町

足利・月谷町の石像シリーズは放苦離信仰により造られたものです。

d0149245_22503457.jpg


d0149245_22505088.jpg


山道の案内板より

ポックリ(放苦離)信仰とは

庶民の間でポックリさまと呼ばれ、
当時の人々が飢饉、過酷な年貢、貧困、病、老い等の苦しさから
逃れたいと願った民間信仰の一つで、
今から三百年前(江戸後期)に、始まりました。
放苦離とは苦しみを放し離れて長寿と安楽死を祈ることです。
本来は、お伊勢詣り、お大師さま詣でで観音霊場巡礼と
日本各地の神社、仏閣をお詣りし、長寿と安楽死、極楽浄土行きを
祈願したのですが、当地の放苦離信仰は行基菩薩によって開かれた
行道山の一角に当時(宝暦年間)の篤信者が日本各地の神社仏閣を
石刻した像を寄進し、全国を順礼せずに、この地で詣でることにより、
祈願成就できるように、おまつりしたものです。
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・
参拝者の心の安らぎ、長寿と極楽浄土、
併せて史跡の保存を願っております。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-29 00:01 | Comments(2)