人気ブログランキング |

鵜川四十八石体仏    滋賀県・近江高島

d0149245_22584885.jpg


d0149245_2259365.jpg


d0149245_2259172.jpg


d0149245_22593053.jpg


室町時代後期の作で、長い年月 風雨にさらされ、盗難にあい今日まで残ってきました。
48体全部は残っていませんが、30数体の仏さんは、日々安寧を願って頂いています。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-06-19 00:01 | Comments(8)

Commented by risaya-827 at 2009-06-19 08:14
おはようございます^^
初め、お写真だけ見たときに、かなり古いなぁー っと思いましたが
室町時代とは・・・^^;
かなり気が遠くなる年代を経て今、ここに居るのですね^^
こういうものを盗む人って何を考えて持ち帰っちゃうのでしょうね?
メッチャ不思議です。。。
今、ここにいる石仏様には安泰に過ごして欲しいものです。。。
Commented by mizuki-39 at 2009-06-19 20:45
室町時代の仏像なのですか~
歴史の重みを感じます。
色々な時代を黙って見てきたのでしょうね~
Commented by k-sora3 at 2009-06-19 21:26
こんばんは。
苔むして、本当に年月の経った仏様のようですね。
大らかなお顔が何とも言えず、ほっとします。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-06-19 21:47
☆ risaya-827 さん
こんばんは~。
石仏を見ていますと、大正、昭和のものでも苔むして古く感じます。
それが室町時代と聞くと、その間石仏さんらがどんな時代を見てきたのかと、
歴史の長さに驚かされます。
応仁の乱、戦国時代、豊織時代、関が原の戦い、徳川時代、明治維新に
第一次二次世界大戦、唸ってしまいます。
盗難は成金趣味人が庭に置きたいと、夜中トラックで持ち帰った輩がいるそうです。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-06-19 21:57
☆mizuki-39 さん
近江の豪族 六角氏の誰かが母親を慰めるために安置したそうです。
比良山を背に琵琶湖を望んで、並んでいました。
荒れた時代がほとんどだったと想像しますが、石仏だとはいえ、何百年と生きながらえてきたと事に感嘆します。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-06-19 22:06
☆ k-sora3 さん
一体ずつ表情や顔形が違っていました。
荒れてた時代もあって、13体ほどは同県の大津市 慈眼堂に移されています。
こんど、慈眼堂も訪ねてこようと考えています。
Commented by yumiko-shiba at 2009-06-19 22:45
ひゃー・・ 迫力ですね
TGokurakuさんが撮った石仏 沢山拝見しましたが
なんか・・この石仏さまたちは ・・・迫り来るものがあります

よくこれだけ残ってましたね
守られて 守って・・・ 歴史ってすごい
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-06-20 00:05
☆yumiko-shiba さん
こんばんは~。
>・・・迫り来るものがあります
600年の歳月がそう感じさせるのでしょうか?
ありがとうございます。

>・・・守られて 守って・・・ 
そんな気持ちが大事ですね。

今のところ柵とかが無くて景観は良いです。
見る人やファンの良識を期待します。