人気ブログランキング |

晩秋京都 -Ⅷ(石峰寺-2)

石峰寺は黄檗宗の禅道場なので、羅漢参道赤門や寺の形が中国っぽいところがあります。
その、赤門をくぐると、釈迦の説法に基づくテーマで羅漢さんが、小山に配列されています。
周遊の庭のようでもあり、見応えがありました。

d0149245_15434820.jpg


涅槃という範疇に入っていますが、ちょっと解りづらい石仏になっています。
明治以降、荒廃していて、こちらの和尚の篤志により草を払い径を開き、
羅漢さんたちも、日の目を見たようです。

「ゴンドラのうた」の作詞でも有名な吉井勇先生が、
 
われもまた落葉のうえに寝転びて
   羅漢の群に入りぬべきかな    吉井勇

と詠んでいらっしゃいます。

d0149245_1544458.jpg


d0149245_15441570.jpg


d0149245_15442949.jpg


d0149245_15444352.jpg


d0149245_15445675.jpg


d0149245_1545712.jpg


d0149245_15451844.jpg



◇画像は少しは大きく見られます。画面をクリックしてみて下さい。

by TGokuraku-TOMBO | 2008-12-19 15:59 | Comments(8)

Commented by risaya-827 at 2008-12-19 16:33
こんばんは^^
ここの羅漢様は川越の羅漢様のように一ヶ所に纏まっているのではないのですね。
かなり摩滅しているけれど、、その様子はよーく分かりますよ♪
落ち葉に埋もれて何を思っているのでしょう?^^
日が射しているのが、周囲を暖かくして素晴らしいです♪ (^^)
Commented by yumiko-shiba at 2008-12-19 20:15
全部、後光が射してるように見えます!
だって、黄金・・・!!

落ち葉に埋もれ
ただ、配置されるまま佇んでいるのかも知れませんが
確かに見応えありますね・・・
Commented by s-den at 2008-12-19 21:51
以前にも石仏を撮られたお写真を拝見しましたが
この仏様群もいいですね。特に私は最後のお写真の3体が合体した
レリーフのようなプリミティブな造形に惹かれました。
Commented by jam-une at 2008-12-20 00:00
光が満ち満ちていてなんとも穏やかな気持ちに
なりました。
なんか俗世をすっかり忘れさせてくれる仏さまたちです。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-12-20 11:29
★ risaya-827 さん
おはようございます~ぅ。最近はよく眠れます~ぅ。
このように分散してるのは初めて見ました。
配置も考えた上での事で、さすがはデザインを踏まえた若冲の構想は大したものです。少し前まで、木々の間に埋もれていたのですから、勿体無い話です。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-12-20 11:35
★yumiko-shiba さん
おはようございます。
夕方に訪れたので、傾いた日差しが撮影を助けてくれました。
石仏のある場所は、大体暗めの場所なので、光源があったのは幸いでした。
伊藤若冲がこのような面を持ち合わせていたことに驚いています。
同時にもっと興味が湧いて来ました。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-12-20 11:42
★ s-den さん
おはようございます。
このお寺は整備が行き届いているほどではありませんが、
かえって、落ち着きますし肩の力が抜けて安らぎます。
羅漢さんも長年の風雨にさらされて、一段と丸みをおびて柔らかいです。
気に入っていただいたレリーフのような羅漢さんたちは托鉢の様子のようでした。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-12-20 11:47
★jam-une さん
おはようございます。
羅漢さんたちの飾らない表情が、豊かな人間性みたいな、かえってそれが美しくさえも見えてきます。
一時代には放置されていたようで、風化は残念ですが、趣は一段と深くなっているように映りました。