人気ブログランキング |

葺不合神社 (ふきあえず じんじゃ)の庚申塔

d0149245_23584973.jpg


d0149245_23591085.jpg


d0149245_23592450.jpg


d0149245_23593830.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2009-08-04 00:01 | Comments(8)

Commented by 魔王^^ at 2009-08-04 07:09 x
これは何とも面白い石仏ですねぇ^^
見ざる・聞かざる・言わざる・・・・が合体(笑)
こんなユニークなモノがあると何だか急に探したくなって
きましたよ。
Commented by risaya-827 at 2009-08-04 10:03
おはようございます^^
台座が面白いですね~♪
蓮の花の台座は見たことがあるけれど、こんなのは初めて。。。
みんな悩んでいるのかしら? (笑)
Commented by k-sora3 at 2009-08-04 12:26
こんにちは。
もがき、悩み、苦しんでいる人達の上に
鎮座してる石仏さまは珍しいと思います。
どんな苦しみも悩みも救われるってことかしら?
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-08-04 15:27
☆魔王^^  さん
こんにちは。
庚申塔では三猿はつきもので、いろんな場面で出てきますよ。
猿だけの塔もたくさんあります。
横浜の相鉄泉沿線や東海道線、例えば保土ヶ谷や藤沢、平塚、二ノ宮に
庚申塔は見られるので、探してみてください。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-08-04 15:32
☆risaya-827 さん
人間じゃなくて、お猿さんです。
見ざる・聞かざる・言わざるから取っています。
何故?わかりません。
踏みつけられてるのは邪鬼で象徴的に表現してるのでしょうね?
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-08-04 15:37
☆ k-sora3 さん
こんにちは。
>もがき、悩み、苦しんでいる人達の上に
そのようにも見えますが、
ミザル・キカザル・イワザルの三猿です。
江戸時代に流行した民間信仰 庚申講は猿の神様と関係があるようです。
今までにもUpした庚申塔に同じパターンが沢山あります。
Commented by yumiko-shiba at 2009-08-04 19:50
私もやっぱり「見ざる聞かざる言わざる」が気になって調べちゃいました
***********
庚申塔の石形や彫られる神像、文字などはさまざまであるが、申は干支で猿に例えられるから、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫り、村の名前や庚申講員の氏名を記したものが多い。
**************
↑なるほど・・・って思いました
おかげさまで勉強になりました(*゜.゜)
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-08-04 22:10
☆yumiko-shiba さん
おかえりなさい・・・・・・
世界のリゾートから日本の民間信仰じゃ落差がありすぎ?ですね。
カルチャー・ギャップとでも謂うのでしょうか?
でも、調べて頂きまして、、、、嬉しいです。
一度、体系的な説明もと思っていますが、
私も、最近まで知らない世界だったもので、大まかな概念すら掴めていません。
講って、信仰心もありますが、寄り合ってのお付き合いも大切なコミュニケーション人間関係なんでしょうね!やっぱり、一人では生きていけないみたいな処ありますものね。