陶芸家の棲家-Ⅵ

3月18日(火曜日)
K氏の作品を少しまとめて掲載いたします。
◆これらの作品は、昨年、中野・淡風荘で発表されたものです。
d0149245_23542952.jpg

◆ジャポニカ・歌舞伎像はフランスからの誘いがありました。
d0149245_23553658.jpg

# by TGokuraku-TOMBO | 2008-03-18 00:03 | Comments(8)

陶芸家の棲家-Ⅴ

3月17日(月曜日)
この棲家で使われているユニークなインテリア小物や照明器具を撮ってみました。
d0149245_23511145.jpg

■フクロウが好まれる理由に、福が来ると云う意味の他に苦労をしないで済むようにと云う意味もあるそうです。
d0149245_23554598.jpg

d0149245_23561053.jpg

# by TGokuraku-TOMBO | 2008-03-17 00:05 | Comments(14)

陶芸家の棲家-Ⅳ

3月16日(日曜日)
先週の日曜日の朝の食卓です。眩い日差しを受けて、作品達がみまもる中の朝食です。
d0149245_054079.jpg

d0149245_06390.jpg

■キッチンの窓に調理器のシルエットや青・緑の透明な色が朝食の準備を促していました。
d0149245_0145649.jpg

# by TGokuraku-TOMBO | 2008-03-16 00:19 | Comments(10)

陶芸家の棲家-Ⅲ

3月15日(土曜日)
朝の光は輝きながらも優しさがあります。隙間からの日差しは、趣が感じられます。

■階段の書棚に朝日が差し込み、古い本に今日の息吹を掛けています。昔の硝子板が懐かしいです。
d0149245_937122.jpg

■光源は階段横の寝室です。
d0149245_9384089.jpg

# by TGokuraku-TOMBO | 2008-03-15 09:39 | Comments(10)

陶芸家の棲家-Ⅱ

3月14日(金曜日)
こだわりの薪ストーブはご自慢の一つです。いいストーブは薪の持ちが全然違うそうです。トロトロと燃えるストーブは火の暖か味を心まで伝えてくれます。益子の朝は早春とはいえ、氷が張っていました。
d0149245_6402794.jpg
d0149245_6404343.jpg

■このストーブは石油ですが、中心部の赤が真紅で温か味を十二分に出しています。
d0149245_6413872.jpg

# by TGokuraku-TOMBO | 2008-03-14 06:42 | Comments(18)