<   2017年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

三義の街

旅行中、何処へ行くのかと何度となく聞かれました。まず、三義へ行って埔里へと言うと、必ず木工の仕事をしているのかと問われます。三義は木彫で有名な街のようです。街にも木彫のお店が何軒もあることに気が付きました。木彫の博物館もありましたが見学はしていません。
民宿の若いオーナーは、日本から蝶を求めて多くの人が来ますよとも言っていました。案内してくれた部屋から、あの川の横の道に蝶がいると教えてくれました。それが最初の写真です。
三義は街を縦に川が流れています(2枚目の写真)。私が泊まった民宿は右側の赤い建物の後ろです(3枚目写真)。
夕食のために外出すると言ったら、帰りが歩きで良ければ食堂に車で送るとオーナーが言ってくれたので、お言葉に甘えることにしました。車の中で、近くのレストランは高いのでお奨め出来ないという意味で聴き取ったつもりでした。スマホの翻訳でチャーハンは好きか?と問われたので、好きだと答えました。食堂のオヤジに一言二言話して私を置いて帰っていきました。出された食べ物は、チャーハンのみでした。スープや炒め物のようなものは自分で注文してくれという意味だったのか?空気も言葉も読み取れませんでした。6枚目の写真がその食堂です。

d0149245_16072874.jpg




d0149245_16043944.jpg




d0149245_16023293.jpg




d0149245_16020206.jpg




d0149245_16012247.jpg




d0149245_16004723.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-31 17:01 | TG-4 | Comments(1)

三義のアオスジアゲハ

昨年6月、自宅近くの公園にアオスジが数日間大挙押し寄せアオスジの魅力を再確認し、今年も楽しみに待っていましたが、花は咲いても残念ながら来なかったのです。だから、三義でのアオスジは久しぶりの対面になります。

d0149245_09560719.jpg




d0149245_09560263.jpg




d0149245_09555761.jpg




d0149245_09555125.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-31 09:57 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

幻覚で見たコモンタイマイは、れっきとしたミカドアゲハだった!

冷静になれば、ミカドアゲハにしか見えないのに、でも、やっぱり残念。次の機会に望みを繋げたいと思います。

d0149245_17333541.jpg




d0149245_17333372.jpg




d0149245_17332973.jpg




d0149245_17332641.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-30 17:34 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

オオクロボシセセリ

見つけた瞬間、大きい!とビックリしました。
蝶名が判らず悩みましたが、どうやらクロボシセセリじゃないかと思うようになりました。台湾の図鑑に大という文字が付いてたので「オオクロボシセセリ」と言う事にさせて頂きました。

d0149245_09135783.jpg




d0149245_09135497.jpg




d0149245_09135191.jpg




d0149245_09134673.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-30 13:05 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

タイワンルリモンアゲハ

三義の山道に入った所で、写真の白い繊細な花を見つけました。この花なら必ずアゲハ類が来ると思い待ちました。
予想通り早い夕方になって、ルリモンアゲハが吸蜜にやって来ました。よく見ると翅が随分と痛んでいましたが、魅力あるアゲハです。

d0149245_13531205.jpg




d0149245_13530868.jpg




d0149245_13530555.jpg




d0149245_13530109.jpg




d0149245_13525750.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-29 14:44 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ミカドアゲハ ? 、、、コモンタイマイ !!!、やはり、ミカドアゲハか

台湾では予期せぬ蝶が飛び出すのではと、どこかで期待している自分がいます。
コモンタイマイが出現しても何ら不思議ではない状況で、似かよった蝶を眼のあたりにすると、想い込んだ蝶に認識してしまいます。それを幻覚もしくは熱中症と言うのでしょう。

d0149245_23292394.jpg




d0149245_23292064.jpg




d0149245_23291713.jpg




d0149245_23291455.jpg




d0149245_23291008.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-29 08:16 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

シロウラナミシジミ

山の中で見た時は、随分遠くに止まっていて、小さくしか撮れなかったのですが、ホテルに戻ったら前の小さな庭に、シロウラナミシジミがいました。思いのほか大きいシジミチョウです。

d0149245_18275442.jpg




d0149245_18275160.jpg




d0149245_18274851.jpg




d0149245_18274544.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-28 19:23 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ヒメウラナミシジミの吸水

吸水というよりミネラルの摂取というところでしょうか。
湿った地面をよく見ると、シジミチョウというよりはハエが群がってるように見えました。

d0149245_11411120.jpg




d0149245_11410722.jpg




d0149245_11410383.jpg



by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-28 11:42 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

ヒメウラナミシジミ

三義にも本部渓にも飛び廻っていました。開翅の状態で多く写真が撮れませんでしたが、雌が多かった気がします。

d0149245_23112882.jpg
                                         ↑中央



d0149245_23112405.jpg




d0149245_23112080.jpg




d0149245_23111787.jpg




d0149245_23110675.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2017-07-28 08:27 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)