<   2017年 04月 ( 52 )   > この月の画像一覧

青田街を迷いながら歩いてみた

名前の通り、緑の多い閑静な住宅街です。日本統治時代には多くの日本家屋が点在し、今も残っているそうです。
ちょっとお洒落で、懐かしさも残る雰囲気のある街並みは、迷いながらの散歩に最適です。

d0149245_22351703.jpg



d0149245_22351220.jpg



d0149245_22350821.jpg



d0149245_22350421.jpg



d0149245_22350037.jpg



d0149245_22345550.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-30 08:21 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

青田七六

台北市・青田街の七丁目六番地(日本風に言うと)にあるところから、店の名前にしたのではと推測します。
戦前までは日本人の住居だったそうで、それをリノベーションしてカフェ&レストランとして話題になり、台湾はもとより日本や他の外国からも多くの人がお茶を楽しんだり食事に訪れています。この近辺は、今も戦前までの日本建築が残っていて、それらを保存しようと、台湾の有志は活動しています。

d0149245_17383123.jpg



d0149245_17382705.jpg



d0149245_17382270.jpg



d0149245_17381902.jpg



d0149245_17381514.jpg



d0149245_17381110.jpg



d0149245_17380827.jpg



d0149245_17380329.jpg



d0149245_17380047.jpg



d0149245_17375620.jpg



d0149245_17375203.jpg











by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-29 17:41 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

基隆(キールン)の夜市

九份から台北に帰る際、基隆という港町に立ち寄ることにしました。こちらの夜市が人気で、海産物を主体にした質の高い屋台が多く、中でも鮫の肉を練り物にし、油で揚げた台湾の天ぷら(薩摩揚げ風)が名物で、それを食べるためでした。他の屋台でも、スルメのおこわと蟹が入ったスープで夕飯として済ませました。
海鮮料理食材の横の水槽にぷかぷか浮いた両生類には、思わず脚を止めてしまいました。

d0149245_15504508.jpg



d0149245_15504115.jpg



d0149245_15503817.jpg



d0149245_15503531.jpg



d0149245_15503184.jpg



d0149245_15502778.jpg



d0149245_15502466.jpg



d0149245_15502094.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-28 17:18 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

熱気にあふれる九份の街 

話には聞いていましたが、九份の賑わい、観光客の多さには驚きます。日本でも大晦日や正月の初詣での参道の雑踏ありますね。あのような混雑の中の心地よさというか、心のざわめきが豎崎路や基山街には漂っています。
九份の地名の由来は、9人分の客の準備しかしてなかったという事で、随分と閑散とした街だったそうです。それが金鉱の発見から、海外も含め各地から人が集まり、一時は台湾の上海とか香港と云われたほど繁栄の街に変貌したとか、それが掘り尽くされて、衰退の憂き目になりました。それからまた、芸術家や昔を偲ぶ人達によって徐々に再生され、今では台湾を代表するくらいの観光地に蘇りました。街の歴史や地元の人々の情念が細い坂路や石段に塗りこまれています。今度、訪ねるときは、そんな混沌とした路地に迷い込んでみたいものです。

d0149245_17534474.jpg



d0149245_17534154.jpg



d0149245_17533850.jpg



d0149245_17533473.jpg



d0149245_17530936.jpg



d0149245_17530391.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-27 17:56 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

阿妹茶酒館                                      台湾・新北市瑞芳区

九份を代表する茶芸館のひとつ阿妹茶酒館。夕刻、通りに明かりが灯ると街の雰囲気が変わります。九份は雨が多く、この日も雨で濡れた石畳の階段を提灯が艶やかに照らしていました。美しいと言うより懐かしい過去を思い浮かべる情景のようです。千と千尋・・・の「湯婆婆の屋敷」、何処かで過ぎります。ちなみに宮崎駿監督は、これが原型に有った訳ではないとおっしゃっています。

d0149245_23004998.jpg




 
d0149245_23004429.jpg





d0149245_23004129.jpg





d0149245_23003646.jpg





d0149245_23003166.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-27 08:37 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

故宮博物院で翠玉白菜を観賞してきました                        台湾・台北市

今回はこれだけを目標に故宮博物院を訪ねました。やっぱり、この展示ケースの前は長い行列が出来ていました。
意外に小さいのには驚きます。白菜とキルギリスとバッタの繊細な翡翠の彫刻から何を感じたらよいのか、未だ私はスッキリしていません。


d0149245_17271407.jpg



d0149245_17271109.jpg



d0149245_17270736.jpg



d0149245_17270361.jpg



d0149245_17265886.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-26 17:29 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(2)

小雨の台北

ホテルから朝市に向かう途中の小雨の街角諸々です。緑が多い通りに気が休まります。

d0149245_13383602.jpg



d0149245_13383365.jpg



d0149245_13382815.jpg



d0149245_13382426.jpg



d0149245_13382001.jpg



d0149245_13381519.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-26 13:41 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(2)

朝市で爪切り

朝市で爪切りもやっているとは!
このおばあちゃんは毎日のように来ているそうです。お金持ちだからだと隣のお店の方が言っていました。

d0149245_15104486.jpg








お目当ての台北甘味処で台湾しるこを食べてホテルに戻る予定が、am11:00からの開店で諦め、豆乳スープに揚げパンを浸した朝食メニューを試してみました。25NT$((約90円)

d0149245_15104014.jpg


by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-25 17:03 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

雙連朝市                      台湾・台北市

台北に到着した日は夕方まで予報を裏切って薄曇でしたが、翌日の土曜日は朝からの小雨になりました。
雨にも関わらず、朝市には沢山の人出で、凄い活気を感じました。
少し買い物したり、屋台で食べたりしましたが、見てるだけでも充分楽しい朝市です。

d0149245_12185951.jpg




d0149245_12185687.jpg




d0149245_12185355.jpg




d0149245_12184931.jpg



d0149245_12184640.jpg



d0149245_12184252.jpg




d0149245_12183835.jpg



d0149245_12183430.jpg



d0149245_12182991.jpg














by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-25 12:22 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)