「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 77 )   > この月の画像一覧

初めて出逢ったトラマルハナバチ

ダリヤと蝶は諦めて他の場所に移動しました。芝生の丘の端っこに小さな花畑にトラマルハナバチはいました。
トラマルハナバチという名前は帰宅後調べて知りました。以前は普通にいたそうですが、昨今激減して準絶滅危惧種になったそうです。おとなしい性格らしいですが、最初は遠めからの撮影にしました。


d0149245_14452184.jpg



d0149245_14451709.jpg



d0149245_14451070.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-31 14:50 | OM-D E-M5 | Comments(0)

ダリヤと蝶を求めて

ダリヤに蝶が止まっているところを狙って、茨城県フラワーパークに出かけましたが、
全くの当て外れで、迎えてくれたのは虻と蜂と蟷螂でした。
だけど、ダリヤは素晴らしかったです。こんなに種類があるのも初めて知りました。(100種類くらいはあったと思います)

d0149245_22345858.jpg



d0149245_22345470.jpg



このダリヤの横を通ったときに、ポキッと折れました。花は向日葵くらいの大きさです。↓

d0149245_22345119.jpg



d0149245_22344757.jpg



d0149245_22344315.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-31 08:37 | OM-D E-M5 | Comments(0)

ツバメシジミのペア

寒くなる前に種を残す行為があちらこちらで見かけられます。
それを妨害し、強い遺伝子を残すために他のオスたちがアタックしてきます。
人類よりも長い4億年の歳月をかけて、弱くて強い昆虫が今もこれからも生き続けていきます。

d0149245_14531382.jpg





d0149245_14530910.jpg





d0149245_14530698.jpg





d0149245_14530158.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-30 15:28 | OM-D E-M5 | Comments(0)

江戸川河川敷で出会った昆虫

何かの蛹(さなぎ)の様なものが、ぶら下っていました?間もなく羽化するのか?そのまま越冬するのか?
どのような昆虫が生まれてきても歓迎します。
蝶の季節も後半になると、翅がボロボロになってきます。

d0149245_09274509.jpg



d0149245_09274239.jpg



d0149245_09273875.jpg



d0149245_09273356.jpg



d0149245_09272839.jpg



d0149245_09272269.jpg



d0149245_09271350.jpg









by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-30 11:17 | ZR3000 | Comments(0)

江戸川で見たセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウも20~30年前に比べると、随分と小ぶりに変化してきました。
その分、ススキが回復し始めています。外来種も郷に入れば従うのでしょうか?

d0149245_22155566.jpg


d0149245_22155276.jpg


d0149245_22154941.jpg


d0149245_22154586.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-30 08:29 | ZR3000 | Comments(0)

ナナホシテントウとセイタカアワダチソウ

赤と黄、そして緑に空色。
ナナホシテントウの赤とセイタカアワダチソウの黄が上手く調和しました。
てんとう虫の横に蟻もいて、何かほっこりします。

話が逸れますが、昆虫の体重を人に置き換えて換算した方がいます。
その中では、てんとう虫が一番デブ?という事が分かりました。
人間の170cm 60kgを基準にした時、てんとう虫は384kgです。
では蟻は(クロオオアリ)147kgもあります。カブト虫は349kg。
調べた中ではアカトンボが21kgで一番軽かったようです。
モンシロチョウが49kg、キタテハが98kg、ミツバチ179kgでした。
それでいて、飛ぶ事が出来るのです!昆虫って意外に重い体重ですね。

d0149245_13373199.jpg



d0149245_13372763.jpg



d0149245_13372212.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-29 13:39 | ZR3000 | Comments(0)

江戸川河川敷

ススキとセイタカアワダチソウがしのぎを削っています。これが今の江戸川の秋なんでしょう。

d0149245_22543919.jpg




d0149245_22545583.jpg




d0149245_2255630.jpg




d0149245_22551857.jpg




d0149245_22552975.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-29 08:46 | ZR3000 | Comments(0)

カマキリの休日

このヒラハラカマキリのお腹を見て下さい。もう、食べ物はいらないと言った感じです。
いいお天気の中、フジバカマに乗っかり随分とリラックスしてるようです。
一生懸命に働いて、たまにはゆっくりしたいのでしょう。

d0149245_18243702.jpg



d0149245_18243577.jpg



d0149245_18243010.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-28 20:10 | ZR3000 | Comments(0)

スズメバチの捕食

一本の脚で自身を支え、虻と思われる獲物をバリバリ、ムシャムシャと音を立てながら貪っていました。
スズメバチの獰猛さを目の前で実感しました。
一度刺されてるだけに、近づくことが怖かったのですが、スズメバチは喰う事に集中していて撮られてることは全然気にしてない様子でした。


d0149245_14294888.jpg



d0149245_14294442.jpg



d0149245_14293880.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-28 14:31 | OM-D E-M1 | Comments(0)

満腹のカマキリ

カマキリがヒメアカタテハを食べているところをムービー撮影していたら、あっという間に食べつくしました。
静止画に切り替えたときは、ほとんどヒメアカタテハの姿は無くなっていました。
全部この腹に納まってしまったのでしょう。

d0149245_09195696.jpg



d0149245_09195107.jpg



d0149245_09194705.jpg








More

by TGokuraku-TOMBO | 2016-10-28 09:23 | OM-D E-M1 | Comments(0)