「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧

8月も今日でおしまい

今日も蝉の声を聞きながら通勤しました。8月の終わりを噛み締めながら。


d0149245_1026248.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-31 10:27 | OM-D E-M5 | Comments(0)

仕事場のショウリョウバッタが随分と大きくなりました。

ヘブンリーブルーの成長とともに、うちのショウリョウバッタも大きくなってきました。
顔つきも大人びた気がします。

d0149245_12385842.jpg




d0149245_12391955.jpg




d0149245_1239304.jpg




d0149245_12395964.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-29 12:42 | OM-D E-M1 | Comments(0)

崖の湯温泉からの展望

中央アルプス縦走(千畳敷~桧尾岳~熊沢岳~空木岳~池山林道)の難行苦行を終え、長野県・塩尻市の崖の湯温泉で心身を休めました。
ここは三度目ですが、初めて北アルプスの展望を楽しむ事ができました。(今まで雨や曇りで)
手前の松本平と背景の穂高岳や槍ヶ岳の北アルプスは日本を代表するくらいの素晴らしい景色です。

d0149245_1058436.jpg



穂高岳
d0149245_10585374.jpg



槍ヶ岳
d0149245_1059133.jpg




d0149245_10591228.jpg




d0149245_10592157.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-28 11:01 | ZR3000 | Comments(0)

中央アルプス縦走二日目

2日目のコース
木曽殿山荘(2490m)~空木岳(2863.7m)~駒石~ヨナ沢の頭(2282m)~小地獄・大地獄~マセナギ~池山小屋~タカウチ場~林道終点

空木岳山頂へは山荘からほぼ直登1時間30分の行程です。やっと山頂かと思いきや第1ピークで、それから2~3のピークを踏んで登頂です。

d0149245_12435544.jpg




d0149245_1244758.jpg



第1ピーク手前から、木曽駒ケ岳、宝剣岳が見えます。宝剣岳の少し下の極楽平からの稜線を歩いてきました。
d0149245_12441783.jpg



もう一息で空木岳山頂です。
d0149245_12442749.jpg




d0149245_12443989.jpg



山頂から南駒ケ岳を展望。下山前の一瞬だけ靄が晴れました。
d0149245_12444932.jpg


下山も大・小地獄や迷尾根と鎖場、ハシゴ、ロープの難所がありましたが、無事 菅ノ台バスターミナルに着くと、苦労も飛んでしまいます。でも、予想外の距離の長さと岩稜の険しさは中級者以上のコースではなかったのかと思い返します。
少し長くなりますが、気になるコースガイドと、遭難事故の報告を載せることにします。

千畳敷から空木岳への縦走コース・ガイド

空木岳は中央アルプス(木曽山脈)のほぼ中央に位置する秀峰で、日本百名山にも選定されている標高2,864 mの山です。山体は花崗岩に覆われ白い山肌と好展望が魅力です。 駒ヶ根ロープウェイを使い一気に標高2,650mの千畳敷まで上げれば、容易に中央アルプスの主稜線を縦走することが可能です。 駒ヶ根ロープウェイは多くの観光客に親しまれ、シーズン中は大変混雑するため、3時間待ちもあり得ます。その為、前日に駒ヶ根高原に宿泊し、朝一番のロープウェイに乗ることをお勧めします。また、前日にホテル千畳敷、乗越浄土に建つ宝剣山荘、天狗荘などに宿泊すると余裕をもって行動できます。 宝剣岳から檜尾岳~熊沢岳~東川岳を縦走すれば木曽殿山荘までが一日の行程となります。 健脚者はさらに進んで空木岳の山頂を目指し、山頂直下に建つ駒峰ヒュッテに泊まる事も可能です。 山頂は花崗岩で覆われ、第一ピークから第二ピークの通過が核心部です。 要所には鎖や金属製のステップが設置され、難易度は高くなく、登山初心者でも問題なく通過できるはずです。

(これを書いた人は、自分ではこのコースを踏破していないと思います。)


NEWSポストセブン が 書いた記事  2013.09.28

韓国人グループが遭難・死亡 中央アルプスの本当の恐ろしさ

今年7月29日、長野県駒ヶ根市の中央アルプス檜尾岳(2728M)付近で、ツアー登山の韓国人パーティー計4人が亡くなった遭難事故。死亡時に薄手のカッパを着ていたことから、軽装であったことが死につながってしまったと各メディアは指摘した。しかし、中央アルプスには歴戦の登山者をも唸らせる恐ろしさがあることを報じているメディアは少ない。まず、この韓国人グループが目指した縦走ルートを確認しておこう。彼らは、池山林道(標高約1200M)から入山し、その後空木岳(2864M)を目指し、空木直下にある「木曽殿山荘」で一泊。翌日、東川岳(2671M)~熊沢岳(2778M)~檜尾岳~宝剣岳(2931M)というルートを縦走する予定だった。1600Mほど登らなければならない初日と、比較的同じ標高の稜線を歩く2日目。宝剣岳の眼下には、ロープウェイの千畳敷駅もある。「翌日は雄大な景色を眺めながら、高低差の少ない稜線をのんびり歩いて、最期はロープウェイで簡単に下山」。そんな青写真を描いていたのかもしれないが、ここに大きな落とし穴がある。2日目は一見、アップダウンが少なさそうに思えるが、実はとんでもなくハードなのだ。中央アルプスの頂上付近は、どの山も基本的に傾斜角度45度越えのガレ場。鎖や足場はほとんど作られておらず、フリーハンドでよじ登る体力と技術が必要とされる。しかも、この縦走ルートは、それぞれの山につき2つはピークがある。空木岳にいたっては、第一ピーク、第二ピーク、第三ピーク(ここが空木岳の頂上)と3つもある。各ピークの間には100Mほどのアップダウンがあり、それを乗り越えてようやく本丸の頂上に到達することができる。そして、次の山を目指すため200Mほど降りて、再び各ピークに挑むというわけだ。もちろん、てっぺん付近はガレ場となる。山小屋のご主人が、空木岳を目指す登山者に、「ストックは邪魔なだけです。リュックにしまって、手足をフル活用できるようにフリーハンドで登ってください」と呼びかけていたことを思い出す。つまり、空木岳~東川岳~熊沢岳~檜尾岳~宝剣岳という名前の着いた山を大ボスと呼ぶとすると、それぞれの間に中ボスと呼べるピークが切り立っており、さながらノコギリの刃の上を歩いているようなアップダウンを繰り返えさなければならない。大ボス-中ボス-中ボス-大ボス、このようなセットを4~5回繰り返すわけだ。はっきり言って、軽装うんぬんの話じゃないのだ。 標高の数字だけ見ると、高低差の少ない気持ちの良さそうな縦走ルートに見える。しかし、その正体は、体力がない人、実力がない人は力尽きてしまう高難易度の縦走ルートだったのだ。

中略

そして、このルートは道案内の目印となるリボンやマーキングがわかりづらいということもポイントだ。連続したピークが次から次に現れるということは、道なき道であるガレ場をよじ登っていくことになる。 見えるところにリボンがないと、どこから進んでいいかわからなくなってしまうため、天候が良くないときは、道に迷うことも珍しくない。正直なところ、この悲惨な事故を見直す意味も含め、マーキングは再考していただきたいところだ。 最後に、このグループは檜尾岳周辺で遭難している。最終目的地は、宝剣岳である。全行程の約半分付近で力尽きてしまったということになる。檜尾岳には天気の良いときは視認できる避難小屋があるのだが、それすらわからないほどの悪天だったことが伺える。ハードな登り返しによって体力が力尽き、視界不良による不安から精神的な疲労も重なったのだろう。 「軽装だったから」の一言では、この避難事故を正視すること不可能だ。きちんと、自分が登る山と向き合いシミュレーションすることを心がけなければならない。装備が揃っていても、実力がなければ死んでしまう。もちろん、薄手のカッパという装備は言語道断だ。

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-27 16:29 | ZR3000 | Comments(0)

木曽殿山荘からの景色

18日の夜、山小屋に辿り着いたのがpm6:45。ヘッドランプは使わなかったが日没ギリギリの時間でした。
その晩は、雨の音に悩ませながらも充分に寝ることが出来て、翌朝はある程度は身体も回復していてホッとしました。
早朝は晴れていましたが、そこは山、猫の目のように天候は変わります。小屋を出発する時に写真を撮ることが出来ました。

小屋から南駒ケ岳が赤く染まって見えました。 ↓

d0149245_1821996.jpg



雲海の印象は、これからの行程を思い浮かべると、私には不安な雲に映りました。

d0149245_18245236.jpg



d0149245_18252871.jpg



それでも、朝日を仰ぐと力が湧いてきます。

d0149245_18275599.jpg




d0149245_1828722.jpg



この小屋の下に木曽義仲が力水を得たという?水場があります。
本当かどうかは分かりませんが、よくもあの時代に、このような難所を通ったものだと感心します。

d0149245_1828292.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-27 08:07 | ZR3000 | Comments(0)

中央アルプス縦走は意外と危険!

観光地でも有名な千畳敷まではロープウェイで簡単に2640mまで連れて来てくれるので、気が緩んでいたのかも知れません。空木岳という日本百名山の一座は、どこか優しい雰囲気を感じさせる名前も誤解していたのでしょうね。
私が計画したルート1日目は、
千畳敷(2640m)~極楽平-島田娘(2858m)~濁沢大峰(2724m)~桧尾岳(2727.7m)~大滝山(2708m)~熊沢岳(2778m)~東川岳(2671m)~木曽殿山荘(2490m)

標高差を見てると極端な落差はありませんが、代表的なピークとピークの間に、2~3個のピークを越えるという岩尾根が続きます。

濁沢大峰の手前くらいから、岩稜の上り下りの難行苦行で、気楽な尾根歩きのイメージは吹っ飛んでしまいました。

d0149245_12395616.jpg




d0149245_1240771.jpg




d0149245_12402029.jpg




d0149245_12403229.jpg




d0149245_12404680.jpg


山頂表示の左後ろに避難小屋が見えます。
3年前に私とはコースは逆でしたが、桧尾岳で韓国人の登山ツアーのパティーが遭難しています。
風雨が強かった為に避難小屋も目に入らなかったようです。
私も雨に遭遇し、雨具着替えや疲労で予定通りの時間より倍近く掛かりました。
ここから、写真を撮る余裕は無くなり、懸命にその日の山小屋(木曽殿山荘)までひたすら歩き続けました。
pm4:30までに小屋に到着するようにと言われていたのですが、びしょびしょで6:45やっとのことで辿り着きました。5時6時に山小屋に着くのは常識はずれと言われるくらいですから、とんでもない事でした。
ただ、登山ガイド等ではコースタイムが短く記載されていますし、岩尾根の厳しさが記載されてなく、やや安易なコース紹介になっているのが怖い気がします。
参考記事↓のようにツアー登山の弱点や悪天候に対する装備の不備もありますが、コースの難度の把握も問題で、それにはコース紹介の信憑性を重視しなくてはなりません。


参考記事:韓国人登山ツアー遭難事故 

2013年7月29日、韓国の旅行会社による空木岳縦走登山ツアーに参加した登山者(20名)の内、4人が死亡するという遭難事故が起こりました。同パーティーは池山尾根(迷い尾根)を登り、空木岳に登頂し、木曽殿山荘で一泊。次の日に宝剣岳を目指すコースを計画したようです。 木曽殿山荘の出発の日、天候は悪化。小屋の主人から出発を控えるように勧められたそうです。ツアー登山の最大の弱点、飛行機の時間に間に合わないという理由でパーティーは出発したようです。ほとんどの登山者がポンチョなどの簡易雨具しか持たず、日本では到底考えられない軽装だったようです。 檜尾岳から檜尾尾根へ10分ほど入った所に檜尾避難小屋がありますが、濃霧のため分らなかったようです。檜尾岳から島田娘にかけての稜線で低体温症により亡くなっています。同ルートはエスケープルートが乏しい上、山小屋がないので3000mクラスの登山経験のない韓国人にとってかなり無謀だったと言わざるを得ません。

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-26 13:19 | ZR3000 | Comments(0)

濁沢大峰を経て桧尾岳へ向かう

この辺ではまだ尾根道の歩きやすい登山道でしたが、先を見ると岩山のピークが幾つも見えるようになりました。

d0149245_13283429.jpg




d0149245_13284613.jpg




d0149245_13285783.jpg




d0149245_1329847.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-25 13:30 | ZR3000 | Comments(0)

気持ちのいい尾根道を行く・・・

極楽平から桧尾岳までくらいは余裕のある山行で、台風の後の天候も予報よりも好天で楽しんでいました。

d0149245_1452442.jpg




d0149245_14525542.jpg




d0149245_1453542.jpg




d0149245_14531597.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-24 14:54 | ZR3000 | Comments(0)

極楽平から桧尾岳へ

前半の行程は高低差のあまりない尾根道で、気分爽快の山歩きを楽しめました。

d0149245_1557861.jpg




d0149245_15571990.jpg




d0149245_1557302.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-08-23 15:58 | ZR3000 | Comments(0)