<   2016年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2016 川俣 征 「陶びな展」 

川俣 征 「陶びな展」
1月30日(土)~2月21日(日) 10:00~17:00  (火曜日定休)
Chez Keiko シェイ・ケイコ
〒322-0255 鹿沼市引田1598-2 tel:0289-65-8785

d0149245_21381847.jpg




d0149245_21383187.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-31 21:39 | Comments(0)

ペトラルベス宮殿とグエル別邸

宮殿はスペイン王家がバルセロナ滞在の時に使っていたそうです。今は陶器博物館、テキスタイル博物館、装飾博物館として使われています。月曜日が休刊と知らずに中には入れませんでした。
2枚目の写真で右側の石と壁土で出来た塀の中が宮殿でレンガと壁土で出来ているのがグエル別邸です。
この建物がグエルとガウディが初めてコラボした作品で、トレンカディス(破砕タイルのモザイク様式)としてジョゼップ・マリア・ジョジュールも参画しています。

d0149245_11254020.jpg



d0149245_11255139.jpg



d0149245_1126238.jpg



     陶器博物館に行くつもりがはずれ、近くにあったグエル別邸のドラゴンの門扉が見られてラッキーでした。

d0149245_11261230.jpg



d0149245_11262211.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-30 11:31 | OM-D E-M5 | Comments(0)

グエル公園のモザイク

グエル公園、ラ・ナトゥーラ広場の有名な陶器破片を使ったモザイクはガウディ作じゃなかったのです!同じ建築家でありガウディの心酔者であったジュゼップ・マリア・ジュジョールの作だったのです。カサ・ミラやカサ・バトリョの装飾なんかもガウディは彼に任せていたのでした。
広場以外のモザイクも傑作が沢山ありました。今迄の見方がガラッと変わりました。

d0149245_1005695.jpg



d0149245_1011780.jpg



d0149245_1013168.jpg



d0149245_1014616.jpg



d0149245_102690.jpg



d0149245_1021772.jpg



d0149245_1023334.jpg



d0149245_1024811.jpg



d0149245_103573.jpg



d0149245_103184.jpg



d0149245_1032937.jpg



d0149245_1034215.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-29 10:04 | OM-D E-M5 | Comments(0)

グエル公園 - Ⅱ

この写真もグエル公園ですが、モニュメントゾーンの外側で誰もが自由に入園出来ます。

d0149245_14251824.jpg



d0149245_1425284.jpg



d0149245_14253741.jpg



d0149245_142545100.jpg



d0149245_14255669.jpg



d0149245_1426586.jpg



d0149245_14261695.jpg



d0149245_14262581.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-28 14:27 | OM-D E-M5 | Comments(0)

グエル公園 - Ⅰ

グエル公園  ここはそんなに期待していなかったので最終日の日程に入れていました。
もう、帰るという事で肩の力が抜けてたのでしょうか、リラックスして観て廻ると素直に面白さを受け入れられるようです。
以前は市民も観光客も自由に散歩出来たそうです。今は決められた入場の時間にしか入れません。
有名なタイルベンチの展望広場と建物以外の外側は自由に散歩を楽しむ事が出来ます。

d0149245_2121943.jpg



d0149245_21212145.jpg



d0149245_21213728.jpg



d0149245_21214655.jpg



d0149245_21215676.jpg



d0149245_2122655.jpg



d0149245_2122166.jpg



d0149245_21222649.jpg



d0149245_21223686.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-27 08:10 | OM-D E-M5 | Comments(0)

カサ・バトリョの装飾

カサ・バトリョの装飾が素晴らしかったです。今まで外観しか眼にしてなかったという事もありますが、ガウディの感性にも触れてなかったのです。

d0149245_10301254.jpg



d0149245_10302457.jpg



d0149245_10303368.jpg



d0149245_10304270.jpg



d0149245_10305322.jpg



d0149245_103139.jpg



d0149245_10311224.jpg



d0149245_10312286.jpg



d0149245_10313113.jpg



d0149245_10314138.jpg



d0149245_10315067.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-26 10:33 | OM-D E-M5 | Comments(2)

カサ・パドリョ

カサ・バトリョ(ガウディ)は旅行中に何度も訪ねました。何か知らず知らずのうちに引き寄せられています。こちらも、いつ行っても列を成してます。やはりバルセロナでは事前予約が必須です。ただ、入場料が22.5€(約2800円)と高額です。他の観光スポットも2000円~3000円で京都の寺社に比べても3~6倍には驚きます。

d0149245_11261137.jpg



d0149245_11262131.jpg



d0149245_11263058.jpg



d0149245_11263920.jpg



d0149245_1126508.jpg



d0149245_11265932.jpg



d0149245_1127932.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-25 11:27 | OM-D E-M5 | Comments(0)

カサ・ミラ

カサ・ミラ これもガウディの作品です。セピアの写真(パンフレットより)は1920年代じゃないかと推測します?車社会の到来を予測して、設計時から地下駐車場を入れていたそうです。
見ての通りの芸術性豊かなマンションなので当時は入居者がなかなか居なかったそうです。結局策として三世代まで家賃を上げないという事で入居者を募ったとか。現在4所帯が棲んでいるそうですが、あの一等地で15万円だそうです。

d0149245_15143274.jpg



d0149245_15144292.jpg



d0149245_15145171.jpg



d0149245_1515360.jpg



d0149245_15151436.jpg



d0149245_15152472.jpg



d0149245_15153465.jpg



d0149245_15154377.jpg



d0149245_15155381.jpg



d0149245_15164100.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-24 15:18 | OM-D E-M5 | Comments(0)

バルセロナの夜

世界でも日本でも夜景の光が各都市によって違うということはよく聞きましたが、バルセロナではそれを実感しました。
ほんの一部を見ただけですが、日本と比べると国民性や経済環境、諸々の違いがあって、思いを巡らすと面白い事が多々あるようです。

d0149245_10182216.jpg




d0149245_10183033.jpg




d0149245_10184138.jpg




d0149245_10185761.jpg




d0149245_101986.jpg




d0149245_10191832.jpg




d0149245_10192856.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2016-01-23 10:20 | OM-D E-M5 | Comments(0)