「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

住吉磨崖仏第4号龕の石仏               福島県・いわき市小名浜


d0149245_2185836.jpg




d0149245_2183356.jpg




d0149245_219264.jpg




d0149245_2192366.jpg

住吉磨崖仏の造立年代については、殆ど分かっておらず、
室町時代より以前に遺跡としては有った事がお寺の由来書に記してあります。
写真は前ページの阿弥陀さんと同じです。

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-31 00:02 | Comments(2)

住吉磨崖仏-Ⅱ               福島県・いわき市小名浜


↓ 4号龕には、弥陀定印を結ぶ阿弥陀三尊像が彫り出されています。向かって右側の脇侍は崩壊していますが、
左側の脇侍は像容から勢至菩薩像のようです。
d0149245_21501077.jpg




d0149245_21502271.jpg




d0149245_21503584.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-30 00:39 | Comments(0)

住吉磨崖仏第3号龕の石仏               福島県・いわき市小名浜


住吉磨崖仏は遍照院・金剛寺墓地の裏山に構えた龕(がん)の中に厚肉彫りで彫り出されています。
この第3号龕には如来座像がほぼ丸彫りに近い形で彫り出されています。
螺髪(らほつ)や豊満な顔の表情は、柔らかな凝灰岩と味のある層を生かし見事に表現されています。前日と同じ如来像です。

d0149245_213823100.jpg



↓ 手入れが行き届かず、樹木が覆いかぶさり、草木が行く手を阻みます。

d0149245_21421819.jpg




↓ 第1号龕  龕(がん)という概念を上手く説明出来ませんが、一見して感じ取って下さい。

d0149245_2145364.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-29 00:22 | Comments(0)

住吉磨崖仏-Ⅰ               福島県・いわき市小名浜

住吉磨崖仏の美しさは、堆積した火山灰からの層になる凝灰岩を上手く生かしているところでしょうか。
岩の脆さが風化を早めてはいますが、柔らかな表情を湛えています。

d0149245_1444011.jpg

4月21日撮影

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-28 00:33 | Comments(0)

湯島聖堂


d0149245_22512643.jpg




d0149245_22513815.jpg




d0149245_22514936.jpg

4月初旬にニコライ堂の前に立ち寄ってきました。御茶ノ水近辺は散歩には事欠かないスポットが沢山あります。

More

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-27 00:49 | Comments(0)

ニコライ堂


d0149245_21174697.jpg




d0149245_21173939.jpg




d0149245_21181363.jpg

撮影 4月初旬  東京・御茶ノ水

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-26 00:16 | Comments(2)

あれから一年経った南三陸町-Ⅷ        宮城県・南三陸町


伊里前「福幸」商店街の旗のもと、徐々にではありますが復興に一歩づつ歩み始めたばかりです。
d0149245_21444280.jpg




d0149245_21451778.jpg





d0149245_21451062.jpg




d0149245_21454435.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-25 00:39 | Comments(0)

あれから一年経った南三陸町-Ⅵ        宮城県・南三陸町


被災現場に観光バスは不釣合いですが、これは移動式の食堂バスでした。
遠目で見たので、中の様子や出店の趣旨は分かりません。
d0149245_21582328.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-23 00:01 | Comments(0)