「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

陶雛展

d0149245_23361327.jpg


d0149245_23362876.jpg


益子でも開催しています。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-31 00:01 | Comments(4)

陶びな展

d0149245_23453814.jpg


d0149245_2345545.jpg


年が明けたと思ったら、もう間もなく節分です。
そして例年の 川俣 征 氏の「陶びな展」が催されます。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-30 00:01 | Comments(2)

松虫寺門前の庚申-Ⅰ         千葉県・印西市 松虫

d0149245_10503386.jpg


d0149245_10504627.jpg


d0149245_1051289.jpg


d0149245_10511719.jpg


d0149245_10513293.jpg


d0149245_10514792.jpg


旧印旛村松虫の青面金剛は比較的平面的な彫りにも関わらず独特の作風を発しています。
ズラリと横並びの配列も、この石像の良さを強めているようです。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-28 10:59 | Comments(0)

杉自の塚の庚申-Ⅱ          千葉県・印西市 松虫

d0149245_22133610.jpg


d0149245_22134845.jpg


d0149245_2214479.jpg


d0149245_22141762.jpg


d0149245_22142966.jpg


小さな青面金剛さんがズラリと並んでいます。
顔は怖いけれど、どこか愛嬌があって引き込まれていきます。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-26 00:01 | Comments(6)

杉自の塚の庚申-Ⅰ          千葉県・印西市 松虫

d0149245_22383326.jpg


d0149245_22384866.jpg


d0149245_2239092.jpg


d0149245_22391426.jpg


d0149245_22392541.jpg


杉自とは女性の名前で、昨日まで松虫寺の石仏をエントリーしていましたが、
松虫姫を奈良からお世話し続けた方です。
松虫姫の病が全快した後も、奈良には戻らず印旛の地で暮らし、
地元の農民に養蚕を教えたりして貢献し、慕われつつこの地に没しました。
その塚が、今でも「杉自の塚」として現存しています。

杉自の塚と、どのような関係かは解かりませんが、周りに庚申の青面金剛が並んでいます。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-25 00:01 | Comments(2)

松虫寺の石仏-Ⅳ            千葉県・印西市 松虫

d0149245_22115425.jpg


d0149245_221264.jpg


d0149245_22121937.jpg

女人講が造立した愛染明王です。
随分と強面の形相です。これくらいの強さでないと人間の情念を乗り越えて、
信仰へと繋がって行かないのかも知れませんね。

by TGokuraku-TOMBO | 2011-01-22 00:01 | Comments(6)