「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

感謝をこめて

今年も今日一日となりました。
慌しくちぐはぐな一年の感がしますが、
兎にも角にも無事に暮れようとしています。

d0149245_22365429.jpg


d0149245_2237981.jpg


d0149245_22372252.jpg


皆様方には如何な年だったでしょうか?
100年に一度という経済危機、政権交代など構造的な変革期に入りました。
自身の信念を強く持って、腹を括って望むしかない様相です。

今年も応援や励ましのコメントありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-31 00:01 | Comments(6)

ファン心理

29日の朝に東京メトロ・表参道駅の通路にカメラを構える女性がいっぱい!
夜、今年の仕事を終えて帰路はもっと沢山!
ガードマンが出て「構内は立ち止らないで下さい。」と拡声器で連呼。

d0149245_2361564.jpg


d0149245_236307.jpg


d0149245_2364345.jpg


28日にもアイドル達の上半身ヌードはありましたが、
このような現象は見られませんでした。
嵐のまえの静けさだったのでしょう?

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-30 00:01 | Comments(6)

放苦離信仰の石像     栃木県足利市・月谷町

足利・月谷町の石像シリーズは放苦離信仰により造られたものです。

d0149245_22503457.jpg


d0149245_22505088.jpg


山道の案内板より

ポックリ(放苦離)信仰とは

庶民の間でポックリさまと呼ばれ、
当時の人々が飢饉、過酷な年貢、貧困、病、老い等の苦しさから
逃れたいと願った民間信仰の一つで、
今から三百年前(江戸後期)に、始まりました。
放苦離とは苦しみを放し離れて長寿と安楽死を祈ることです。
本来は、お伊勢詣り、お大師さま詣でで観音霊場巡礼と
日本各地の神社、仏閣をお詣りし、長寿と安楽死、極楽浄土行きを
祈願したのですが、当地の放苦離信仰は行基菩薩によって開かれた
行道山の一角に当時(宝暦年間)の篤信者が日本各地の神社仏閣を
石刻した像を寄進し、全国を順礼せずに、この地で詣でることにより、
祈願成就できるように、おまつりしたものです。
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・
参拝者の心の安らぎ、長寿と極楽浄土、
併せて史跡の保存を願っております。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-29 00:01 | Comments(2)

ポーズをとる神様     栃木県足利市・月谷町

d0149245_21461364.jpg


d0149245_21463169.jpg


ポーズが様になっていますね。
石仏で云えば如意輪観音に似ています。

More

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-28 00:01 | Comments(2)

梅里應化・摩尼宝幢大士     栃木県足利市・月谷町

d0149245_0124642.jpg


d0149245_01327.jpg


d0149245_0131580.jpg


d0149245_0132873.jpg


彫ってある文字が何なのか?恥ずかしいのですが読めないし意味も分かりません。
他の石像から右の梅里應化は土地の名前かなと想像しています。
崩れた案内板に日本国内六十四神の像が有ると書いてありました。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-26 00:22 | Comments(6)

美しい供養石仏        栃木県足利市・寿徳寺

d0149245_2316281.jpg


ご先祖へ供養の石仏だと想像しますが、
土地の小町ではないかと思うほどチャーミングです。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-24 00:01 | Comments(2)

寿徳寺のお地蔵さん        栃木県足利市・寿徳寺

d0149245_883331.jpg


中央のお地蔵さん 昨日のお地蔵さんと兄弟みたいです。 ↑

d0149245_885368.jpg


顔がとれたので、何方かが作られたのでしょう?

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-23 08:13 | Comments(4)

地蔵菩薩半跏像         栃木県足利市・寿徳寺

d0149245_0181139.jpg


d0149245_0182676.jpg


大きくて綺麗な石仏だったので最近の作かと思っていたら、
天保かと?うる憶えですが江戸後期の年号が入っていました。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-12-22 00:29 | Comments(2)