<   2009年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

金昌寺のお地蔵さんたち     埼玉県・秩父  金昌寺

手の表情がいろんな事を物語っているように見えます。

d0149245_2140423.jpg


d0149245_21402142.jpg


d0149245_21403592.jpg


d0149245_21404984.jpg


↓ 顔が無くなっているのが多いのには、ちょっと悲しい想いです。
石を置いてる事で、余計に深くなります。手で何を云わんとしてるのでしょうか。
d0149245_214612100.jpg


d0149245_21462844.jpg


d0149245_21464217.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-30 00:00 | Comments(4)

お数珠地蔵     埼玉県・秩父  金昌寺

数珠を持つ手の表情が印象的で撮った一枚です。

d0149245_8432032.jpg


数珠地蔵と云う名称が有るのか無いのか分りませんが、
一つ一つ繰りながら祈る姿は心に沁みます。

全体像でもどうぞ。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-29 08:51 | Comments(6)

マリア観音さま     埼玉県・秩父  金昌寺

マリア観音は昨日の慈母観音像と同じです。
世間一般には マリア観音 と呼ぶ方が多いようです。
もう一説には観音像下の蓮にカエルが彫られてるそうです。
残念ながら、カエルを確認することは出来ませんでしたが、
カエルを大天使ミカエルと暗喩し マリア観音 という解釈もあるそうです。
ちょっと話が出来すぎかなと「秩父幻想行」清水武甲 著 に記されています。

d0149245_8241063.jpg


d0149245_8242952.jpg


d0149245_8244451.jpg


d0149245_8245940.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-28 08:28 | Comments(6)

慈母観音坐像     埼玉県・秩父  金昌寺

d0149245_21464041.jpg


d0149245_21465987.jpg


d0149245_21471980.jpg


この慈母観音は石仏の下絵として浮世絵師の喜多川歌麿から範をとったとされます。
今まで見てきた石仏のなかでこれほど動的なものは無かったと思います。
仏像の範疇から飛び出した、近代彫刻かと思えるほどの傑作です。
造られた年代は寛政四年(1792)で、伊勢の大黒屋光太夫が太平洋で遭難し、
10何年経ってロシア使節ラクスマンと根室に来航した時代です。
歌麿が活躍していた時代でもあり世相としては躍動感があったと想像します。
造立者は現在の日本橋・高島屋近辺(東都通油町)に棲んでいた 吉野家半左衛門 で、
職業は不明ですが、先祖近親供養にという主旨で造られたそうです。
今となっては、名石仏を残して下さったものです。
不思議なのは、いくら供養とはいえ乳飲み子とはいえ、
女性が半身裸で乳房をさらしている姿に、幕府は、よく容認していたものだと思うのです。
浮世絵の世相と信仰心の綱引きだったのか、未来の至宝と見抜いていたのか?
その辺のドラマをもっと探ってみたい気持ちです。  

                金昌寺の石仏(日本石仏協会埼玉支部 編纂)  参照

視点を変えて

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-27 00:01 | Comments(4)

酒樽の羅漢さん     埼玉県・秩父  金昌寺

d0149245_21224162.jpg


d0149245_21225768.jpg


d0149245_2123101.jpg


d0149245_21232252.jpg


d0149245_2123459.jpg


↑  やや説明的な写真ですが、四匹の邪鬼が酒樽を担ぎ、
その上に羅漢さんが右手に大徳利を持ち、左手で大盃を頭にかざしています。
地元では禁酒地蔵と呼ばれているそうですが、
私の感想は、酒でほろ酔いも人生じゃないか とも感じとれるのです?
すごく有名な石像で、写真集でも観光ガイドでもよく見かけるので、
実物を観たという、一種の昂ぶりがありました。
いつも、この写真に接していた時、立膝ついてリラックスした態度は、
生身の人間に近いとか、ユーモアーがある仕草とかにもとれますが、
それが~ という冷たい視線も持って観ています。
実物をみても、それを払拭することは、まだ出来ていません。
もう一度、観てきて自分なりの傑作かどうかの見極めをしたいのです。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-25 00:00 | Comments(8)

楼上の石仏     埼玉県・秩父  金昌寺

d0149245_20551221.jpg


d0149245_20552956.jpg


d0149245_2055445.jpg


金昌寺を紹介した最初の写真に大きい草鞋が飾ってある山門の楼上に、
砂岩で出来た石仏が沢山祀ってあります。
一度、近くから拝顔したいものです。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-24 00:05 | Comments(2)

山の石仏群     埼玉県・秩父  金昌寺

d0149245_1842575.jpg


d0149245_1844163.jpg


d0149245_1845661.jpg


d0149245_1851268.jpg


d0149245_1852691.jpg


山の斜面に何体もの石仏さんが祀られています。
山の後ろから朝日が昇ってきましたが、逆光で苦しめられました。
午前中ず~っと待ちましたが、いいライティングは得られませんでした。

by TGokuraku-TOMBO | 2009-11-22 18:13 | Comments(4)