カテゴリ:ZR3000( 107 )

双子山への登山道で見たキノコ(菌類)

一つ一つは小さいのですが、群生?すると奇妙なモノに見えてしまいます。朝で明るかったのですが、何となく発光してるようにも見えました。
タグに植物と入れましたが菌類です。

d0149245_14570767.jpg




d0149245_14570424.jpg




d0149245_14565909.jpg




d0149245_14565489.jpg



d0149245_14564815.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2017-09-13 14:58 | ZR3000 | Comments(0)

大河原峠から双子山へ

晴天の日を待ちわびて、中信の大河原峠から双子山へ散策しながら探蝶をしてきました。(9月9日)
朝早くの到着で蝶影は全く無く、時間もあるので双子山を目指しました。さすがに2000mを超えた山で気温15℃は肌寒さを感じます。でも、マツムシソウなど辛くも咲いていたので、時間が経てば温かくなり蝶も期待できそうな予感がしました。

d0149245_12392943.jpg




d0149245_12392493.jpg




d0149245_12392020.jpg




d0149245_12391543.jpg




d0149245_12384887.jpg




d0149245_12384480.jpg




d0149245_12383988.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2017-09-12 12:41 | ZR3000 | Comments(0)

モルフォチョウとコノハチョウの裏表

東大昆虫標本の展示でモルフォチョウ(コノハチョウも)の裏表がありました。私の認識不足ですが、モルフォチョウの翅は両面ともメタリックなものだと思っていましたが、裏側はコノハチョウと同じように擬態の迷彩が施されていました。冷静に考えてみれば、いつも美しく輝いていたら命が幾つあっても堪りません。TVコマーシャルでモルフォチョウらしき蝶が飛んでいるのは、両面が輝いているように見えます。それと、展翅の標本でも殆どがメタリックなほうを表にしているのも、うっかり自分を刷り込んでいたのでしょう。

d0149245_21575559.jpg




d0149245_21575194.jpg




d0149245_21574759.jpg




d0149245_21574162.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-09-07 08:39 | ZR3000 | Comments(0)

幻の蝶・ブータンシボリアゲハ                    東大昆虫館

10月14日まで文京区教育センター(2F)で「東大昆虫館」というタイトルで昆虫の展示を催しています。
なかでも、ブータンシボリアゲハの研究採集のドキュメントは楽しく観ることが出来ます。
展翅の管理保存がとても美しく、ヴィジュアル鑑賞としても興味深い展示会でした。

d0149245_11212003.jpg




d0149245_11211719.jpg




d0149245_11211313.jpg




d0149245_11210862.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-09-06 11:22 | ZR3000 | Comments(0)

今年も西洋朝顔にナガサキアゲハが

朝、大きい影が動いたと感じたら、フライングソーサー(西洋朝顔)にナガサキアゲハが訪ねてきてくれました。慌ててコンデジ持って外に出ましたが1枚しかうまく撮れてませんでした。

d0149245_16194462.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2017-09-03 16:20 | ZR3000 | Comments(0)

高雄でのスナップ

高雄は肩肘張らず気楽に過ごせる街のように感じました。滞在時間は合計で半日くらいしか居ないので偉そうな感想は云えませんが、偶に行く日本の都市と殆ど変わらないくらいの緊張感で歩ける街でした。その辺が高雄の魅力かもしれません。

d0149245_14120325.jpg



d0149245_14120042.jpg



d0149245_14115781.jpg



d0149245_14115402.jpg



d0149245_14115087.jpg



d0149245_14114487.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-12 08:54 | ZR3000 | Comments(0)

海鮮居酒屋                               台湾・高雄市

高雄といえば海鮮料理ということで楽しみにしていましたが、慣れない旅で疲れが出て、ホテル近くの居酒屋風海鮮料理店で済ますことにしました。
海鮮鍋は日本風で、疲れた身体でもすんなりと美味しく頂くことが出来ました。蛸の揚げものと葱、唐辛子を塩胡椒で和えたのは、箸が止まらなくなります。蛤と瓜の炒め物も、さっぱりしてて、これまた旨かったです。

d0149245_18002771.jpg



d0149245_18002188.jpg



d0149245_18001590.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-11 08:58 | ZR3000 | Comments(0)

屏東一のパワースポット「慈鳳宮」

このお寺を見たら、やはり中に入りたくなります。ただ、スーツケースをガラガラと引きながらでは気が惹けるし、どうしたものかと悩んでいたら、お寺の方が預かってくれると言うのでお願いしました。もう一つ写真を撮らせてもらってと、、、即、問題ないという事でした。
屏東の皆さんの心の拠り所なんでしょう、お願い事をする姿には、強い願望や、もやもやとした不安は人間誰しも同じなんだな~と伝わってきます。
お寺の装飾にも眼を瞠らせます。細かな欄間に鮮やかな色彩、金飾も強いパワーを振り撒いていました。私も旅の安全をお願いして屏東駅に向かいました。

d0149245_18192595.jpg



d0149245_18192114.jpg



d0149245_18191839.jpg



d0149245_18191412.jpg



d0149245_18191094.jpg



d0149245_18190625.jpg



d0149245_18190203.jpg



d0149245_18185519.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-10 08:51 | ZR3000 | Comments(2)

バスの窓から・・・(高樹~屏東)

茂林での蝶撮影を終え、日に数本しかない路線バスは諦めてゲストハウスに車(白タク)を手配してもらいバス中継点の高樹まで送ってもらいました。
一見、強面の顔で無口な運転手でしたが、バスの切符など気遣ってくれて、台湾の方の優しさ気配りはここでも実感しました。言葉の不自由はあっても、なんか肩の力を抜いて旅行が出来る国は、そんなには無いと思いました。
バスの窓からの眺めは、南台湾の日常風景で、美しいとか超珍しいとかはありませんが、楽しめる一時間でした。2/19撮影

d0149245_11073757.jpg


天気が悪かったわけではありません。窓が曇っていて・・・
d0149245_11073145.jpg



d0149245_11072684.jpg


台湾の墓地です。前の木は十二支をイメージしているのかも?
d0149245_11072152.jpg



d0149245_11071134.jpg


二人乗り三人乗りは当たり前、、、
d0149245_11070763.jpg



d0149245_11070288.jpg



d0149245_11065858.jpg


自転車のシェアリングは台湾のほうが先行してるみたいです。
d0149245_11065472.jpg









by TGokuraku-TOMBO | 2017-04-09 11:25 | ZR3000 | Comments(0)

ミツボシフタオシジミ - Ⅱ

得恩谷の民宿の裏山で、昨日(2/18)に続いてミツボシフタオシジミを撮ることが出来ました。

d0149245_22041244.jpg



d0149245_22040847.jpg



d0149245_22040445.jpg



by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-24 22:06 | ZR3000 | Comments(0)