カテゴリ:ZR3000( 98 )

ミツボシフタオシジミ - Ⅱ

得恩谷の民宿の裏山で、昨日(2/18)に続いてミツボシフタオシジミを撮ることが出来ました。

d0149245_22041244.jpg



d0149245_22040847.jpg



d0149245_22040445.jpg



by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-24 22:06 | ZR3000 | Comments(0)

台湾で出逢ったカメムシ

見つけた瞬間、人面カメムシかと気持ち湧き立ちましたが違いました。雄・雌のような気もしますが分かりません。
スケルトンのような綺麗なハムシ?もいました。

d0149245_16581355.jpg



d0149245_16581393.jpg



d0149245_16580801.jpg



d0149245_16580565.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-17 19:51 | ZR3000 | Comments(2)

蝶を探しながら見た小さな生きもの

ミツバチが可愛く蜜を採取していました。女郎蜘蛛は随分大きい身体でした。三角頭の蛇は可哀想に車に轢かれていました。
蜂の巣、蟻の巣が木にくっついていました。熟せば食べられそうな南国の果実が、まだ青かったです。

d0149245_16443861.jpg



d0149245_16413842.jpg



d0149245_16412628.jpg



d0149245_16402973.jpg



d0149245_16390441.jpg



d0149245_16364389.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-15 16:46 | ZR3000 | Comments(0)

茂林村(マオリン)

村を山から眺めると、可愛い景色に映ります。国家風景区に指定されているだけあって自然は濃いです。
民宿の裏山では生姜が栽培されていたり、養蜂箱が置かれています。
山道で写真を撮っていたら、中国語で道を尋ねられました!私、日本人と答えました。
6枚目の写真は木の上に作られた蟻の巣です。

d0149245_10073928.jpg



d0149245_10073800.jpg


↓ 養蜂箱が置かれています。
d0149245_10073338.jpg



d0149245_10073056.jpg



d0149245_10072974.jpg


↓ 木の上に蟻の巣が
d0149245_10072165.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-15 10:15 | ZR3000 | Comments(0)

得恩谷の民宿 夕飯と朝食

先日紹介した茂林でのランチを少しグレードアップしたのが夕飯に出ました。内容はほとんど一緒みたいでした。
次の日のランチも民宿でお願いしておきましたが、夕飯と全く同じでした。
朝食はお粥が出て身体に自然と溶け込んでいきました。薄い油揚げの煮つけが見た目は今一でしたが美味しかったです。

d0149245_16281714.jpg
↑ 少し手をつけてから撮ったので見苦しい写真になりました。



d0149245_16281478.jpg



d0149245_16280986.jpg



d0149245_16280738.jpg



d0149245_16280105.jpg




↓ 朝食はデンブのようなオカズ以外は美味しかったです。
d0149245_16275406.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-14 16:34 | ZR3000 | Comments(0)

多納国民小学校

多納国民小学校の前にさしかかった時が下校時でした。小学校と書きましたが、校門には「小学」としか記されていませんでした?
村の学校の生徒数は27名だそうです。外観は少し豪華な山の学校という感じがしますね。
女の子たちの髪形は日本と変わりませんが、写真に写っている二人の男の子は、なかなかユニークなヘアースタイルです。

d0149245_16171579.jpg



d0149245_16170937.jpg



d0149245_16170642.jpg



d0149245_16170229.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-13 16:19 | ZR3000 | Comments(0)

多納吊橋

蛇行した川に沿って部落が点在していて、橋は生活の根幹をなしています。
昔はもっと原始的な吊橋が掛かっていたのかも知れません。(多納吊橋は観光吊橋にしかみえません。)
限度100人と記してありましたが、スクーターでの渡橋には驚きました。
下を覗くと大袈裟に言えばグーグルマップを見てるようです。


d0149245_23141782.jpg



d0149245_23141373.jpg


↓ 小さくスクーターが見えます。
d0149245_23141020.jpg



d0149245_23140664.jpg



d0149245_23140431.jpg



d0149245_23135881.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-13 09:05 | ZR3000 | Comments(0)

石板を利用した多納村の建物

多納村は山に平たい石がいたる所から産出し、家や塀など建材に利用しています。なかなか趣のある味があって、プリミティブな文化に出逢った喜びみたいなものを実感しました。
お土産屋のような食堂に、焼肉用の石板を売っていましたが、これで焼くと美味しいのでしょうね。

d0149245_22470686.jpg



d0149245_22470201.jpg


d0149245_22465642.jpg



d0149245_22465365.jpg



d0149245_22464738.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-12 09:29 | ZR3000 | Comments(0)

ルイ族の村、多納

私が探蝶に行っていた茂林よりまだ上に、台湾に元々棲んでいるルイ族の多納村があります。
今も色濃く土地の風習や生活が受け継がれ、独特の文化を育んでいるようです。村を歩いているとお年寄りの方から日本語で声を掛けられます。戦前までは日本として治められてた事もあって懐かしさもあるように受け止めました。でも、時が経ち過ぎて言葉を忘れていて、話したくても思い出せないもどかしさを顔に表していた気がします。とっても親しく、日本のどこから来たんだ?といった感じです。片言でも通じるものがあって嬉しかったです。

d0149245_22244049.jpg



d0149245_22243670.jpg



d0149245_22242944.jpg



d0149245_22242530.jpg



d0149245_22242118.jpg



d0149245_22241780.jpg



d0149245_22241599.jpg







by TGokuraku-TOMBO | 2017-03-11 22:28 | ZR3000 | Comments(0)