カテゴリ:TG-4( 71 )

我が家を訪ねてくれたカマキリ

朝、カーテンを開けたら網戸にカマキリが。カメラを手にして急いでベランダに出ました。寒さのために動きが鈍かったです。手箒に乗せて植物の上に乗せ掛けても、ひっくり返ってしまいます。写真では甘えているようにも見えますが、憔悴しての姿です。

d0149245_22011103.jpg




d0149245_22010559.jpg




d0149245_22010118.jpg




d0149245_22005698.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-12-02 08:51 | TG-4 | Comments(1)

もう一度、スズメバチのオブジェ

せっかくなので、違う処でもスズメバチ(オブジェ)を撮ってみました。部屋との渡りに置いても、いい感じでした。

d0149245_21293449.jpg




d0149245_21292951.jpg




d0149245_21292535.jpg




d0149245_21292168.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-12-01 08:50 | TG-4 | Comments(0)

薪ストーブ

今日で11月も終わり、明日はもう12月。一年は早いものであっと言う間です。
もう、暖房機を使う家も多くなったのではと想像しますが、K宅では11月初頭から薪ストーブが活躍していました。

d0149245_09121371.jpg




d0149245_09120857.jpg


by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-30 09:12 | TG-4 | Comments(2)

陶房に迷い込んだ蜻蛉

トンボの下にある陶器は、なんと骨壷です。
K氏に「なかなかの演出ですね。」と向けてみたら、「トンボが迷い込んで出られなくなったんじゃない?」という素気ない返事でした。てっきりドライフラワーのような効果を狙ったものだという推測は瞬時に消えました。

d0149245_22310042.jpg




d0149245_22305664.jpg




d0149245_22305341.jpg




d0149245_22305086.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-29 08:49 | TG-4 | Comments(2)

スズメバチのオブジェ

K邸のリビングにスズメバチのオブジェが飾ってありました。埃を少々被っていますが、昆虫好きの私にとっては、心を動かすオブジェです。
偶然に工房の軒下で死んでいるのを見つけ、それなりの生命力というかオーラを感じたので小さなオブジェにして残そうと思ったそうです。

d0149245_22394891.jpg




d0149245_22394333.jpg




d0149245_22394047.jpg




d0149245_22393645.jpg




d0149245_22393289.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-28 08:51 | TG-4 | Comments(2)

陶華窯・益子工房を訪ねて

一月以来の訪問となりました。相変わらず工房の佇まいは日々変身しております。

d0149245_22064704.jpg




d0149245_22064233.jpg




d0149245_22063878.jpg




d0149245_22063404.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-27 08:58 | TG-4 | Comments(0)

色づいた蔦も

このお店に来ると、つい蔦を撮ってしまいます。色づいた葉も今はもう落葉していることでしょう。

d0149245_23061259.jpg




d0149245_23060967.jpg




d0149245_23060528.jpg




d0149245_23060137.jpg




d0149245_23055754.jpg





by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-26 08:31 | TG-4 | Comments(2)

山里のレストランにて

旨い蕎麦屋が出来たということで、車で二時間ほどかけて訪ねましたが、土曜日だというのに休みでした!致し方無しで、そこから少し離れた山里のレストランへ変更。屋外テーブルでのランチは庭からの紅葉が見頃で、風も無く気温も丁度、気持ちの良いひと時となりました。先々週の事です。

d0149245_22501632.jpg




d0149245_22501305.jpg




d0149245_22500803.jpg



by TGokuraku-TOMBO | 2017-11-25 08:33 | TG-4 | Comments(2)

本部渓の風景スナップ

本部渓は台中からだとバスで2時間くらいの所です。埔里を経由しますが、埔里からだと約40分くらいの場所です。
本部渓から奥に入ると南山渓、霧社、蘆山温泉と観光地も多くあって、土日は人も多いようでした。本部渓は何年か前に大きい水害に被災し、今も荒れ気味の川岸や道路が工事中で観光客は皆無です。
インフラとしての荒れ気味は草木をある意味豊かにし、蝶にとっては棲みやすい環境のようです。川が流れ、森深く、ミネラル豊富な土壌、多種な植物を含む草原は理想郷のように見えました。ただ、山道での犬との遭遇は、腰が引けます。農家の飼い犬ですが、放し飼いなので困りました。奥深く入ったところでは三頭ほどの犬に吠えられ、引き返しました。

d0149245_11235172.jpg



d0149245_11234862.jpg



d0149245_11234306.jpg



d0149245_11233979.jpg



d0149245_11233445.jpg



d0149245_11232735.jpg



d0149245_11232332.jpg



d0149245_11231852.jpg










by TGokuraku-TOMBO | 2017-08-04 12:52 | TG-4 | Comments(0)

早速、本部渓へ

埔里に早く着いたので、ホテルに荷物を預け、直ぐに出掛けました。
埔里バスターミナルから本部渓へは途中乗車で途中下車になります。台湾でのバスで途中下車が、私にとっては不安なものがあり、バス会社のスタッフにその旨を筆談で伝えたら、なんとなく了解してくれました。バスが到着した時に、スタッフはドライバーに、「この人が本部渓で降りるので知らせてあげてくれ」のように伝えてくれました。ドライバーは日本語で「心配無い」と言ってくれたのが2枚目の写真です。
埔里市内を抜けて40分くらいでしょうか、少し山の中に入った所で降ろしてくれました。一人になり緊張もほぐれてきて気が付いたら、さすがに渓谷、市内に比べると涼しく感じました。

d0149245_11495896.jpg




d0149245_11495507.jpg




d0149245_11495294.jpg




d0149245_11494800.jpg




d0149245_11494408.jpg




d0149245_11494099.jpg




d0149245_11493427.jpg








by TGokuraku-TOMBO | 2017-08-01 13:02 | TG-4 | Comments(0)