本部渓の埔里胡蝶牧場にいたルリモンアゲハ

「昆虫採集禁止 埔里胡蝶牧場」 という看板はありましたが、管理されてるような様子は無かったと思います。
埔里胡蝶牧場跡と思われる草地で欠損の無い美しいタイワンルリモンアゲハと対面する事が出来ました。

d0149245_13481788.jpg




d0149245_13481469.jpg




d0149245_13481167.jpg




d0149245_13480880.jpg




by TGokuraku-TOMBO | 2017-08-04 13:49 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)

本部渓の風景スナップ

本部渓は台中からだとバスで2時間くらいの所です。埔里を経由しますが、埔里からだと約40分くらいの場所です。
本部渓から奥に入ると南山渓、霧社、蘆山温泉と観光地も多くあって、土日は人も多いようでした。本部渓は何年か前に大きい水害に被災し、今も荒れ気味の川岸や道路が工事中で観光客は皆無です。
インフラとしての荒れ気味は草木をある意味豊かにし、蝶にとっては棲みやすい環境のようです。川が流れ、森深く、ミネラル豊富な土壌、多種な植物を含む草原は理想郷のように見えました。ただ、山道での犬との遭遇は、腰が引けます。農家の飼い犬ですが、放し飼いなので困りました。奥深く入ったところでは三頭ほどの犬に吠えられ、引き返しました。

d0149245_11235172.jpg



d0149245_11234862.jpg



d0149245_11234306.jpg



d0149245_11233979.jpg



d0149245_11233445.jpg



d0149245_11232735.jpg



d0149245_11232332.jpg



d0149245_11231852.jpg










by TGokuraku-TOMBO | 2017-08-04 12:52 | TG-4 | Comments(0)

ヒョウモンモドキ

日本でよく見かけるツマグロヒョウモンやウラギンヒョウモンとはイメージが全然違いました。身体も小さいし、ゆっくりと飛ぶ姿は、やはりヒョウモンモドキでした。
この蝶、葉などに止まるときは裏向きに止まる事が多い気がしていたら、どうも産卵の為のようでした。5枚目の写真に卵のような小さな粒が偶然に写っていました。

d0149245_22580955.jpg




d0149245_22580559.jpg




d0149245_22580124.jpg




d0149245_22575695.jpg




d0149245_22573028.jpg




d0149245_22572666.jpg






by TGokuraku-TOMBO | 2017-08-04 07:47 | OM-D E-M1 MarkⅡ | Comments(0)