常楽寺の文英石仏 - Ⅰ            岡山県・岡山市北区草ヶ部

岡山市、総社市を中心に文英様といわれている石仏が在り、訪ねてきました。
天文2年(1533)から約50年の間に造立されたらしく、文英という僧が関わったと伝えられています。
文英作なのか、文英様式なのかは不明ですが、半肉彫りの素朴な姿は親しみが持てる石仏です。

d0149245_23283353.jpg



d0149245_23284425.jpg



d0149245_23285872.jpg



d0149245_232982.jpg



d0149245_23291898.jpg



d0149245_23292851.jpg



d0149245_23293932.jpg



d0149245_23294910.jpg



d0149245_2330084.jpg



d0149245_23301380.jpg



d0149245_23302431.jpg



d0149245_23303596.jpg






本堂の横で迎えてくれる石仏が文英石仏かと、ハッとしましたが、違いました。
d0149245_23361555.jpg



d0149245_23362913.jpg



d0149245_23364292.jpg



d0149245_23365743.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2015-04-25 23:39 | Comments(0)