住吉磨崖仏第3号龕の石仏               福島県・いわき市小名浜


住吉磨崖仏は遍照院・金剛寺墓地の裏山に構えた龕(がん)の中に厚肉彫りで彫り出されています。
この第3号龕には如来座像がほぼ丸彫りに近い形で彫り出されています。
螺髪(らほつ)や豊満な顔の表情は、柔らかな凝灰岩と味のある層を生かし見事に表現されています。前日と同じ如来像です。

d0149245_213823100.jpg



↓ 手入れが行き届かず、樹木が覆いかぶさり、草木が行く手を阻みます。

d0149245_21421819.jpg




↓ 第1号龕  龕(がん)という概念を上手く説明出来ませんが、一見して感じ取って下さい。

d0149245_2145364.jpg

by TGokuraku-TOMBO | 2012-05-29 00:22 | Comments(0)